沖縄の恩納村真栄田岬の青の洞窟は晩夏がオススメ

沖縄の恩納村真栄田岬の青の洞窟は、ダイビング、シュノーケリングのメッカです。

世界中に青の洞窟と言われるダイビングスポットがありますが、初心者から上級者までが楽しめるポイントは沖縄の青の洞窟です。

9月までは寒さを感じることなく泳ぐことができる沖縄ですから、6月?7月のいまこそ9月の予約をオススメします。

北海道からでも往復の飛行機のチケットが2万円台のものがありますし、沖縄を安く楽しめる時期が9月なのです。

沖縄の青の洞窟は、いつも観光客で一杯、ちょっと落ち着いた青の洞窟を楽しみたいのなら早朝かちょっとシーズンを外して訪れるのがいいでしょう。

沖縄の海は暖かく、よっぽどのことがない限り、寒くて後悔したということはありません。

逆に、人気の少ない青の洞窟を独占できた気分を楽しめるのでオススメなのです。

9月になると台風シーズンでと考えがちですが、早い台風は6月7月でも発生しています。

ニュースになりがちなのは9月の台風ですが、天気は時の運、台風も沖縄を実感させてくれるイベントと考えてみてはいかがでしょう。

決して、悪い印象だけではなく、自然の雄大さや強烈さを体感できるイベントなのです。

もちろん、天候が荒れたときに無理に海に入るのは厳禁ですから、旅行や観光のスケジュールはしっかりと余裕を持って、そんなことが可能なのも旅行代金がちょっぴり安くなる時期だからです。

友達同士で予定を立てても、余裕があるからこそ、決められる旅行があるのです。

■関連ページ:これでわかる!沖縄青の洞窟のいろは